浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年8月22日(土)  入場者数:27,113人

サンフレッチェ広島2-1(前半2-0)浦和レッズ

得点者:68分闘莉王

【フィンケ監督・コメント】

・現時点のように、数週間に渡って敗戦が続いている状況だと、ピッチに立った選手たちにしてみれば、そう簡単にすべての物事がいくわけでもないし、ある意味、とても重い頭を持ちながらプレーしている様に見える。
何故なら、実際にいくつかの決定的なチャンスを作り出していて、それらをゴールに結びつけることができたはずだが、なかなかボールがゴールに入らなかった。
・前半の2失点は本当ならば起きてはいけないことだったし、このレベルでしたら、あのようなミスからの失点はしてはいけなかった。
・私たちが再び相手のチームに先取点を奪われて、それによって、こちらにとって試合を決定づけることができるような得点を、最後の最後まで奪うことはできなかった。
・後半に入ってからはいくつかのいいシーンもあったし、実際に私たちも優れたプレーをしていた。

【フィンケ監督・インタビュー】

【高原をあんなところで使って、生きるのか?もっと前で使った方がいいのでは?】
その状況のように原口元気とエスクデロという、サイドから相手にとても圧力をかけることができる選手がいた場合、そして、真ん中にはエジミウソンのようなタイプの選手がいた場合、高原を投入することによって、このエジミウソンを助けるということが一つの目的でした。
エジミウソンを中心にして、その辺り、その周辺を 走る、そして何度もアップダウンを繰り返す、それによって味方のサポートをしていく、これが私たちの狙いでした。

【闘莉王が出たが、後半の最後の方で前線に上げるという選択肢はなかったのか?他のところから『前へ行け』と言っているようなジェスチャーもあったのだが、そこら辺はある程度伝わってたのか?】
あのような状態ですと、もちろん前線にハイボールを送ることは、とても効果的だと思いますが、そこで大切なのは、こぼれ球、セカンドボールなどを拾うことができることだと思います。
ですので、私たちの選手は、闘莉王も含めて、そのセカンドボールを奪うために積極的に動いていたわけですが、残念ながら試合のテンポ、ゲームのテンポが、その時点で少し遅くなりはじめていました。
正直私は、最後の6、7分で、ある意味怒りを感じていたのが、後ろからボールを前線に運ぶときに、どうしても時間がかかり過ぎてしまったことでした。
本当ならばもっと素早く前線にボールを送らなければいけないわけですけれども。
特にあのような状況で、闘莉王とエジミウソンという、非常にヘディングに強い選手が前線にいたわけですから、本当でしたら、これをもっともっと積極的に利用するべきだったと思っています。
私たちの選手も非常に疲れていましたし、ある意味この疲労がたまっていたことによって、いくつかのミスも起きてしまったわけですから。

【ナビスコカップで敗退したときに、この『穴』から必ず抜けだす確信があると語っていたが、今もその確信というのは変わっていないか?】
もちろんです。
私はこのチームが再び勝利を収めるということを確信しています。
忘れてはならないのは、もちろん連戦が続いたということはありますけれども、やはり台所事情などもありまして、なかなかスタメンを大きく入れ代えることができなかったこと、そして意図的に、回復時間を選手たちに与えることができなかったということもありました。
これだけ長い間、敗戦が続いてしまいますと、どうしても、すべてのプレーが重くなってきてしまうわけですし、すべてがうまくいくというわけでは一切ありません。
ただし、彼らの戦う姿勢、それからゲームに対しての姿勢というのはまったく問題がありませんし、今後私たちがこのプレーを続けていけば、必ずしや近い将来、再び勝利を収めることができるものだと確信しています。


選手・サポの皆様、特に現地にてサポートして頂いたサポの皆さん、お疲れ様でした!
勝負には勝ちと負けの二つの結果がある訳で…
この結果のどちらになっても、それは認めなければんりません。
とにかく、結果だけでなく内容も毎回同じようなパターンで負けているからフラストレーションが溜まっている方も各所で見受けられますね。
でも、この状況って、俺からすればオフトの時と全く一緒のように感じられます。
あの頃を知らない方がギャーギャー騒がれているのかと思いますが、そういう方々が同時に、昨年までは「ギド以降はオフトの遺産を使っていただけだ!」などとおっしゃられていたのも笑えます。
そして、今、「ギドのサッカーの方が勝利を追求する姿勢が良かった」などとの給っていたりw。爆
こういう軸のぶれている方は、チームを批判する前に、まずは「自分の軸」をキッチリお持ちになることをお勧めします。笑
さて、試合の方ですが…
先ほども述べたように、相も変わらずの負けパターン。
なので、特にチームの批評は致しません。
今は、チーム・クラブ全体がもがき苦しんで、この状態を一日も早く脱出できるように一丸となって下さい。
俺もサポーターの端くれとして、少しはチームの力になるようサポートして行きたいと思っております。
次節は闘とロビーが出場停止ですね。
俺的にはボランチにアベユキ、CBに暢久、右SBに代志也を入れて欲しかったり…
萌も一回休んで、少し頭の中を整理した方がよさそうです…悩みがプレーに出ています。
ホントはエジについては先日から言っているように、萌同様に、一番休んで欲しい選手だと思ってます…心も体も疲弊しきっているから。
それでも懸命に頑張っている姿は痛々しくも見える。
ロビーの替わりは司や峻希がいいと思うんだけどなぁ。
ところで峻希はどうしてるのかな?



↓このブログを読んで頂きありがとうございます!ぜひクリックお願い致します!
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/288-3c444213
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。