浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【フィンケ監督・コメント】

実際に闘莉王とポンテがイエローカードをもらった時点で彼ら は次節出場停止になりました。
私たちは新しいメンバーを入れて次の試合に臨まなくてはいけないのです。
実際 にセルヒオのプレーもすごくよくなってきていると思いますし、梅崎 司の毎日の実戦練習も内容がどんどんよくなってきています。
ですので、私たちは攻撃に関していくつかのオプションがあるのではないかと考えています。
2人 の新しい選手も先発で試合に出場することはありませんけど、帯同することになりました。
やはりこれからさまざまな経験を積んでいかなければいけませんし、 今回帯同することによって、アウェイでの試合では彼らに何が待ち受けているのかということを経験させるためでもあります。

【フィンケ監督・インタビュー】

【ファイサルと宇賀神がもしピッチに立つとしたら、それぞれどういうプレーを監督は期待して評価しているのか?】
まず私にとって、もっとも大事なのは彼らがさまざまなことを学ぶことです。
まだチームに加入してからまだ大して時間が経っていませんので、今回帯同することによって、さまざまな経験を得ることができると思います。

【以前、4月くらいにベンチ内に若手枠を作るという話があったが、今回のこの新加入2人をベンチ入りさせるというのはその若手枠的な活用の仕方をするという理解でいいのか?】
実際に攻撃の選手をもう一度リストアップしていただければお分かりになると思いますが、現時点ではケガをしていない、そして出場停止ではない選手がそれほどたくさんいるわけではありません。
しかし私は、ベンチ入りする攻撃の選手を2人連れて行きたかったので、そう考えるとファイサルが入るということはそれほど大きな驚きではないと思います。

【宇賀神に関して、今回、特別指定選手として迎え入れるにあたってフィンケ監督は、どのような部分を評価したのか?少し具体的に教えてほしいのだが】
この国に特別指定選手制度というものがあるということを私が知ったのが比較的遅かったんです。
ですのでこのような制度を利用して大学に所属している選手たちを受け入れて、将来のチーム作りに有効的に使うことができるという情報を得たので、今回この制度を利用して選手を受け入れることにしました。
そしてこのような年齢の大卒の選手たちはいくつかの長所を持っています。
大学に行っていた選手たちというのは3年間にわたってたくさんの試合に出場して多くの実戦経験を積んでいるわけですし、しかも若いです。
運動量も豊富ですし、ピッチ上での回復力も優れていますし、それから年齢がまだ若いということもあります。
これからさまざまなことを学んでいくことができるわけです。
ですので、このような制度を積極的に利用することによってチーム作りに役立てるというのは一つの案だと思います。

【揚げ足をとるつもりはないのですが、監督は前から育成ということを考えているのであれば、そういう制度をもっと以前から信藤健仁チームダイレクターと話し合ってそういうことを知って、もっと始めの方から活用していてもおかしくないかなと思ったが、その辺のコミュニケーションはとれているのか?】
大切なのはやはり責任を持っているクラブの人間全員が一緒に仕事をすることだと思いますし、お互い助け合わなくてはいけません。
私はもちろん初めてこの国に来たわけですので、この国の状況、それからここでの仕事の仕方ということについてまず、さまざまなことを経験しなくてはいけない、そして学ばなければ いけなかったわけです。

【これまでの対戦だと柏レイソルと大分トリニータが監督が変わる前に勝っていて、変わった後に対戦したときはいいようにやられてしまっている。今回のヴィッセル神戸も駒場でやったときと監督が変わっていてシステムなど全然違うチームになっているが、そういう変わったことに対してスカウティングをする時間は短いと思うが、対策というのは立てられるのか?】
特別な準備をしたというわけではいっさいありません。
ただし、私たちがいつも得ているさまざまな情報、そしてスカウティングの資料というのはもちろんここ最新の2、3試合の対戦相手のプレーを見て作られているものですので、私たちは現時点での彼らのチームについてさまざまな情報を得ていますし、今どのようなプレーをしているかも把握しています。
ですから、実際に対戦してみてとても驚くようなことがあるとは私は思っていません。

【今日、日本代表が発表されるが、午前中、闘莉王がトレーニングをしてその様子を見て遠征に参加の可否を決めると信藤TDが言っていたが、今の闘莉王の具合と遠征参加の状況はどうなのか?】
私は全関係者が高い責任意識を持っていると考えています。
選手、クラブと代表のドクター、それから代表監督と皆しっかりとした責任感を持っている人間だと思いますので、彼らが最終的には闘莉王を試合で使うべきか使わないべきか正しい決断を下すでしょう。
その際には彼らがしっかりとした責任を持って決断をすると思いますので、このことは彼らに任せたいと思います。

【今回、闘莉王もいなくて、この間まで無得点が続いていた中で点が取れたが、2つとも闘莉王の個人技でのセットプレーで、闘莉王がいなくて、監督が「攻撃の要」と言っていたポンテ選手もいなくて、点は取れるのか?】
同じ対戦相手で実際にゴールを決めたような選手も私たちの チームにたくさんいますし、今シーズンに入ってから他の選手たちも得点を決めています。
またこれは世界中を見渡しても同じなのですが、世界中のゴールゲッターも長いシーズンの中で一度は一つの穴に入ることがあります。
そのようなことは誰でも経験することですし、私たちの選手にもそのような穴に入ることはもちろんあるわけです。
しかし、ちょっとした一つのキッカケでゴールを決めることができて、そうしてまた、大きな波に乗ったかのように ゴールを量産し始めることもあるわけです。


まずは「育成」と「試合」に向けての話。
何気に思っているのは、今回フィンケが取り組んでいる「冒険」は、本当に息の長い冒険になりそうだということ。
何せ、お金が無いとは言え、取ってくる選手は全て若手。
根拠はいくつかあるんですが…
今年入団のユース世代が「浦和の育成元年」。
この選手たちを中心としたチーム作りを間違いなく考えているでしょう。
そうなれば、最低でも6-7年を成長期、10年後くらいを黎明期に持って行くのでは。
そう考えれば、それに見合う選手構成を作って行くんだろうなぁと思います。
当然、この二人も、その中に組み込まれて行くと思うしね。
軸はユース世代だろうけど、その上は萌・セル・代志也達の世代が固めて行くんだろうね。
さて、試合に向けての話。
とにかく、誰が出ても同じサッカーを目指すのですから、底上げしながら勝たなければならない訳で。
非常に難しい仕事なんです。
だから、選手だけでなくサポとしても「やりがいのある仕事」に取り組んでいると思うし、結果だけでなくチームの成長もサポートして行ければと思います。
神戸戦は現地に行けませんが、現地にいる仲間たちが熱くサポートしてくれる事を願うばかりです!


↓このブログを応援して頂けるとありがたいです。クリックお願いします!

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/313-a327ee44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。