浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィンケが代表組を先発させる目的は、代表組の選手に目立った故障がないのであれば、チームに合流する事で早めにサイクルを戻すことと、チームになじませるためだと思う。

【代表選手3人のコンディションについては?】
まず試合を見てみないと何ともいえないところがあります。
試合を見ながら彼らが通常のベストのコンディションでないと私が見ることができれば、試合中にその選手を交代します。

【サテライトリーグのモンテディオ山形戦で途中交代した平川忠亮については?】
残念ながらケガをしています。
ケガをしたからこそ、自分の体の反応に気付いて交代のシグナルを出したわけです。
これは私がよく選手たちと話していることですが、とても大切なポイントというものがあると思います。

それは、一人のプロフェッショナルとしては自分の体が発するシグナルを無視してはいけないということです。

なぜかというと、ケガをしているのに自分はタフな人間だと言って、ケガを無視してトレーニングをしたり、試合に出場したりすることは自分の体をさらに痛めつけることになります。
一人のプロとして、そのようなサインを理解し、正しい行動をとらなければいけないと思います。
そのときには箇所を治療しなければいけないわけですし、ケガを隠してまで試合に出るということは最悪のことだと思います。

日本という国ではケガを我慢する、ケガをしながらも試合に出て活躍をするということがとても褒め称えられる行動だと、理解されているということです。
しかし私は、これはプロフェッショナルな行動だとはまったく思いません。
なぜなら、結果的に、他のチームメートに迷惑をかけることになるので、一切やるべきではありません。


これは非常に長い戦いだと思いますし、私もたくさん、選手たちとこのことについて話をしなければいけません。

【横浜F・マリノスの印象は?】
今シーズンのこれまでの13試合、そしてマリノスの発展状況や成長を考えると、マリノスは実力的にとても優れたチームだと思っていますし、今の順位表が彼らの本当の実力を物語っているものではないと思っています。
Jリーグの中でも上位にいることができるチームだと私は思っています。
こちらもしっかりとした準備をして、きちんとしてパフォーマンスを見せればいい結果を残すことができると思います。
そして、スタジアムで見ている人にとって、とてもありがたい天候にさえなれば、とても素晴らしい雰囲気も生まれて、魅力的なゲームも見られるのではないでしょうか。


さて、明けて今日の試合…
TBSは俊輔の復帰に合わせて「俊輔カメラ」なるものを導入して、万全の放送体制を取ろうとしたが…
結局、そのカメラは「直輝」のものとなりそうだ。笑
鞠はナビで調子を上げて来ている。
しかし、我々はしっかりとアウェイであっても勝ち点3を御馳走になります。ペロリ。
そういえば、シューマイ弁当は温かい方が個人的には好きだ。
でも、あの行列は勘弁して欲しい。
どうせなら、並びの列で販売して欲しいものだ。爆
ケガについては…俺自身もいろいろと故障を起こすので耳の痛い話です。ハイ。
何事も体があってこそですからね!


↓読んだらクリックお願いします!
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/52-6d76dbee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。