浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月8日(日)味の素スタジアム 入場者数:40,701人

FC東京0-1(前半0-0)浦和レッズ

得点者:49分エジミウソン


【フィンケ監督・コメント】

私たちは今日、しっかりとした試合を見せることができたのではないかと思っています。
特にこの『戦う姿勢』に関しましては、ピッチに立った選手たちが実践することができたのではないでしょうか。
結果として今日の私たちの勝利というのは妥当な結果だったと私は考えています。
前半に関しては、相手のチームに多くの得点チャンスを許さなかったと私は考えています。
しかし、同時に私たちも、多くの得点チャンスを作り出すことができていなかったのも事実です。
ハーフタイム後、私たちはプレーについて、全体的に改善することができたと思っています。
後半に入って直後、いくつかとてもいい形の得点チャンスを自ら作り出すことができていました。
そして、その時間帯の私たちのプレーを考えれば、私たちが先取点を奪ったのも妥当であったと私は考えています。
その後、10人対11人になってしまったわけですが、『4-4-1』のシステムで実際にプレーをして、そしてできる限りボールを奪えば、長い時間にわたって自らボールをキープしよう、そう考えていたわけです。

【フィンケ監督・インタビュー】

【今日は確かに『4-4-1』というか、4人と4人のブロックがなかなかうまく機能していたと思いますが、FC東京が少しやり方を変えて、ガンガン放り込み始めてから3度、4度、かなり決定的なピンチがありました。今日の勝ちというのは、そういう意味でフォルカー・フィンケ監督にとって、偶然的な要素と必然的な要素を比べたらパーセンテージはどちらの方が大きかったと思われますか?】

サッカーでは、やはり『幸運』というものも必要なときも出てくるわけです。
それは自らゴールを奪うときもそうですし、場合によっては、ほんの小さな幸運が足りなかったことによって、ゴールを奪うことができなかった、もしくは試合で敗戦してしまった、ということもこのサッカーではよく起きるわけです。
だからと言って今日の試合で、私たちがとてもたくさんの幸運を必要としていたわけではなかったと思います。

【今日、オフサイドを8回取りましたが、ディフェンスラインがよく機能していたと思います。今日のディフェンスラインの出来はどう考えられていますか?】

確かにこの分野に関しましては、私たちは今年に入ってから根本的な改革に取り組んだ訳ですが、実際にその過程の中で、いくつかの問題点が浮き上がってきたのも事実です。
2人のセンターバック、坪井と闘莉王のこのコンビは今日の試合ではとても優れた試合をしたと思っています。
そして細貝も、しっかりとした距離を保ちながらセンターバックとともにプレーすることができました。
それから、右サイドバックの高橋峻希が今日はとても素晴らしいプレーを見せたと思います。
彼はまだ19歳ですが、今日のプレーを見れば、彼が今日ピッチに立ったのも、『今日は試合に出られて嬉しい』というレベルではなくて、本当の意味で素晴らしいプレーをチームのためにすることができる存在であることを、今日の試合で彼は示してくれたのではないでしょうか。
あともう一つ、今日の試合に関して言いたいことですが、今日の試合に向けた準備の一環として、私は、FC東京対清水エスパルス戦の映像と、ナビスコカップの決勝の試合の映像を見ました。
FC東京も、とても優れた若い選手が育ってきているようですし、本当にいい形でのプレーを実践しようとしています。
ですので、FC東京の方にも、とても優れたサッカーを展開しようとする意志を感じることができましたし、見ていて、とてもシンパシーを感じるいいチームだと思いました。
だからこそ、今日私たちが勝利を収めることができたのは、とても価値のあったことであり、そして喜ばしいことだと私は考えています。

【試合雑感】

お疲れ様でした!
現地は試合前からコールリーダー氏が前段をメイン側・バック側をフォローしてサポに闘う姿勢を促して、久々に面白かったです。
POUやアレ・浦和、そして「We Are REDS!」のコールで選手を盛り上げました。
結果から見れば、選手に届いたってことかな。笑
さて、試合内容は…
前半は中盤でのボールの取り合いに終始。
見た目はウダウダで、ゴールを入れられる気もしなかったけど、入る気もしなかったのは、それだけ両チームの中盤が機能してたって事でしょうかねぇ。
後半は開始後から両チームの攻守が入れ替わる展開で、浦和も早い段階で仕掛けてましたね。
元気が右サイドを上って来た峻希に叩いて⇒峻希が左からセンターリング⇒達也がスルー⇒エジがトラップしてシュート!GOAL
サイドから崩して、バイタルエリアでも数的優位を作り、エジがフリーの中でのGOALは良かったです。
その後、元気が二枚目で退場…
テカ、西村イラネ…マジデ。
昨日も相変わらず判定はブレてたし、カードを出す気満々で上げるのは何故?
暢久やギシのカードは???でした。
瓦斯はそれ以上に時間稼ぎや、遅延してただろって!
達也のも、元気の1枚目も…マジ、分からん。
で、その後は4-4-1で完全に専守防衛システムへ。
ここはギシを中心にDFも何とか耐えたと思う。
それにはMF陣が前線でのチェックをしっかりしてくれてたのが大きいかな。
てな事で、1-0の勝利!
次節、また2週間空いての磐田戦。
残りもあと3試合、そろそろ、星勘定でもしてみようかな。



このブログを応援して頂けると嬉しいです。↓クリックお願いします!

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/528-ef4c050b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。