浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*今回はインタビューの項目が多いため、前編ではフィンケ監督のコメント及び、フィンケ監督・インタビューの選手の状況と明日の試合のポイント等についてまとめました。

【フィンケ監督・コメント】

この1週間はそれまでの週と比べて、比較的多くの選手が練習に参加することができていました。
そしてインフルエンザにかかっていた高橋峻希も、今日のチーム練習に初めて復帰することができました。
しかし一度しかチームと一緒に練習ができていませんので、明日、帯同するということはありません。
そして先週の時点では、山田直輝は残念ながら100パーセントの状態ではありませんでしたので、最終的にはもう1週間、彼に練習の期間を与えようと考えていました。
ですので、彼は今週、練習に集中することができましたし、明日の試合でもメンバーに入ることになります。
また、原口元気は、今週の始めに少し内転筋の痛みを感じていましたが、週の間のオフでしっかりと回復をして治療をすることができました。
ですので、明日の試合にも帯同します。
鈴木啓太の現時点での状況は先週の週末とほぼ変わりないと言えるでしょう。
現時点で、鈴木啓太は明日、先発出場を私は考えています。
彼も実際に痛みとかを感じたり、プレーで何か問題があることがあれば、自分からサインを出してきます。
そして平川忠亮も先週の試合でとても優れたプレーを見せましたので、明日の試合で彼を先発で起用しようと考えています。
ですので、現時点では先週に比べて全体的に台所事情が少しよくなってきたと言えるでしょう。
そして、私たちはもちろん、明日の試合で勝利を収めるために、そして勝ち点3を収めるために試合に臨むわけです。
しかしこの勝ち点3を得るためにはしっかりとした高い集中力を持って、ピッチに立った選手がしっかりとした仕事をこなさなくてはなりません。

【フィンケ監督・インタビュー】

【西澤選手が離脱していますが?】
少なくとも、14日間は練習することができない状態になってしまいました。
残念ながら先週まで、もしかしたら彼は2、3回、練習を多くこなし過ぎたのかもしれません。
最初のケガの時点ではっきりと彼がケガだと言えばよかったのですが、それを言わずに彼は歯を食いしばって練習を続けてしまいました。
それによって残念ながら彼のケガが悪化してしまったのです。
ですので、現時点では彼は通常の練習に参加できる状態ではなくなってしまいました。
やはり体が発信しているシグナルをしっかりとした形でリスペクトしなくてはなりません。
そうすればこのような形でのケガの悪化を前もって防げるわけですから。

【負傷した箇所を教えてください】
右の太腿、筋肉系の問題です。

【京都サンガF.C.に対する印象はいかがでしょうか?】
とてもさまざまな顔を持っているチームだと思います。
もちろん優れた個性を持った選手たちがそろっていますし、日によってはとても優れたプレーを見せるチームでありますが、また別の試合になるとまったく違うパフォーマンスを見せてくる、そして全体的にあまりうまく機能しないときもあります。
ですので、さまざまな顔を持ったチームだと言えますし、明日の彼らの状態がどのような形なのかは実際に試合をやってみないと分からないところがあると思います。
もちろんディエゴという選手は、調子さえよければとても優れた、そしてどの対戦相手にとっても非常に嫌な選手であるのは間違いありません。

【どんな点が明日の試合ではポイントになると考えていらっしゃいますか?】
最も大切なのは高い集中力だと思います。
それから私たちのチームがしっかりとした形でコンパクトに試合に臨むこと、それからお互い助け合いながらサッカーをすること。
実際にこれらは私たちが今やっているサッカーで大切な要素なのですが、このような私たちが実際に今までやってきたことをしっかりと守らなくてはなりません。
そして余計な形でボールを失わないこと、そして自分たちがボールを奪い返したときには、自分たちのリズムでゲームを組み立てていくことです。

【左サイドで出ていた原口選手が、前節出場停止で、高原選手を左サイドで使いましたけど、結構、いい動きをしていたと思いますが、今回、原口選手が戻ってきて、監督はどういう起用をされるんでしょうか?】まだ決断を下していませんし、このことに関しては今日の夜にもう一度考えようと思っています。
やはり試合の前日はさまざまなことをもう一度考えるわけですし、どのような形でゲームに入っていこうかということも頭の中でさまざまな構想を練るわけです。
前回の試合では高原が非常に優れたプレーを見せましたし、現時点では高原を再び先発で起用する理由はたくさんあると思います。
しかしまだ決断は下していません。

【堀之内選手が今週ずっと練習を休んでいて、腰の状態について、今週中に決断を下すというお話だったんですけど、現状はどのような状況ですか?】
昨日、小さな手術が行なわれ、うまくいきました。
来年、私たちが再び始動するときには彼はまた合流することができるようになっているでしょう。

【どれくらいの期間を要するのか?そしてどういった手術だったのでしょう?】
私がドクターと話し合った限りでは、彼は私たちの来年の、最初の合宿の時点で、再び、問題なく練習ができる状態になっているだろうということです。

【信藤さんが体調を崩されてしばらくいらっしゃっていないんですけど、監督が連絡を取られたりということは?】
一日に何度彼と電話しているか、ということについては公の場で語りたくないと思います。
なぜかというと、このような内部での仕事はとても大切なことですし、やはり、外部には漏らしていけないこともあります。
私が何回彼と電話をしているか、連絡を取っているかに関して、公の場で語るつもりは一切ありません。
大切なのはやはり私たちがしっかりとした形での連絡を取り合っていること、そしてその中でさまざまな仕事をしっかりと続けていくことです。
これがやはり大切なことではないでしょうか。

【先ほど、コンパクトにして試合に臨む、とおっしゃっていましたが、もう少し詳しく教えていただけますか?】
とても大切なのは選手と選手の間の距離をできる限り正しく縮めることです。
そして数人の選手がお互いに助け合いながら相手に圧力をかけることができるようにすること、そしてこれをどこのゾーンで行なうかです。
しかしこれは、どこの、例えば前線でやろうと、中盤でやろうと、もしくは自陣で相手に対してのプレッシャーをかけようと、大切なのはお互いの選手たちがしっかりと助け合うこと、そして距離が広がり過ぎないことです。
広がり過ぎてしまうとしっかりとした形でのコンパクトさを保つことができなくなってしまいます。
お互い、協力しながら相手に圧力をかけていく、これが私が言っているコンパクトの意味です。
ですので、コンパクトというときにはまず相手がボールを保持しているという状況になります。
そして自分たちがそのような状況でどのようなリアクションを見せるかということです。

【前回の試合は特にですけど、平川選手や高原選手、ベテランの選手がかなりいい動きを見せて活躍して勝ったというゲームだと思うんですけど、シーズン終盤に来て、かなりベテランの選手の存在感が高まってきていると思うんですけど、前回の平均年齢28.55というその数字というのは監督としてはどのように分析されていますか?】
平均年齢に関しましては、私は何も問題ないと考えています。
なぜかというと、最も大切なのは選手たちの平均年齢ではなくて、選手たちのピッチ上での回復力だからです。
そして実際に前回の試合でも後半に入ってから、部分的にその回復力がだんだん衰え始めたということがあって、私たちが完全に手中に収めていたはずの試合の行方が少し危なくなってしまいました。
すべての試合で最後の7分間で2ゴールすることができるわけでもありませんし。
もちろん私はあのような形で勝利を収めることができたことに関して大きな喜び感じましたし、戦う姿勢、それからアグレッシブな姿勢というのも素晴らしいものがあったと思います。
そして全体の試合の内容を考えれば私たちの勝利は妥当なものだったと思っています。
しかし、必ずしも、毎回毎回あのような形で劇的なゴールが生まれる保証は一切ないわけですし、そういう意味では少しばかり、幸運も手伝ってくれたゴール、そして勝利だったと思っています。
あの時間帯で得点が生まれたことに関して、私としましてはピッチに送り出す選手たちの何人が若手で何人がベテランで、というそのようなことは一切考えていません。
最も大切なのはピッチ上でのそれぞれの選手の回復力です。
ただし、サッカー界での経験から言えば、通常は年上の選手の方が、この回復力という分野に関して、問題を抱える可能性が高いということです。

今節はかなりメンバーが戻って来るね。
それにしても、ホリは手術してたんだぁ。
ブログには何にも書いて無かったから、そんなに酷い?とは知らなかった。
代志也も大腿肉離れかな?それともハムストリングス?
とにかく、怪我をした選手は来季に向けてしっかり治して欲しい。
さて、最後の質問…
この記者の質問の意図がよく分からん。
この数字から若手の育成が進んでいないとでも言いたいのだろうか?
フィンケは前節の試合の勢いをそのままに闘いたいのではないだろうか?
それに、ここぞの試合では「経験」が生きる事が多い。
その辺も含めての起用の意図もあるはず。
信藤さんの件はいろいろ語られてますが、要は、信藤さん自身がクラブを信じて、フィンケをそしてチームを支えて行けるかどうかだと思う。
近いうちに真実は明らかになるとは思うけど…


このブログを応援して頂けると嬉しいです。↓クリックお願いします!

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ  人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/585-a8a057e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。