浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【フィンケ監督・インタビュー】

まず準備期間のトレーニングキャンプ中に行なわれる試合に関しては、内容を厳しく求めるのは少なくとも現時点では非常に難しいものだと考えています。
あくまでこの時期の練習試合は、通常の練習の延長として行なわれているものであって、私たちのこの第一次トレーニングキャンプの一番大きな目標はまた別のところにあります。
そして今日の試合内容に関してですが、前半に関してはそれほど大きな苦情を言うつもりはありませんし、それほど批判することもなかったと思います。
しかし、後半に関しましては、いくつかの状況で私たちの選手があまり優れたプレーを見せることができませんでしたので、後半に関してはまったく満足していません。
しかし、選手たちにしてみれば、このようなトレーニングキャンプ中に試合が行なわれることは非常にうれしいことだと思います。
45分間ゲームに出る方が、森の中で60分間にわたってインターバル走を走るよりは楽しいわけですから(笑)。
そして1人の監督としてこのようなトレーニングキャンプ中での練習試合から、それぞれの選手の回復力の状況について詳しく知ることができます。
例えば、何人かの選手は、20分試合が経った時点で、すでに疲労がたまって、なかなかボールをコントロールできなくなってしまう。
何人かの選手は30分持つ、何人かの選手は、45分間、問題なくゲームをこなすことができると。
ですので、それぞれの選手の体の状況があって、それをこのようなゲームでしっかりと見極めることができます。
さらにこのような試合を通して、特に選手たちの疲労がたまっているときに、彼らがどのようなプレーを見せてくれるかというところで、選手たちのそれぞれの才能がさらによく見えてきます。
疲労がとてもたまっている中で、優れたプレー、そして正しい選択をするというのは一つの才能ですから。
前半に関しましては先ほど申し上げましたとおりですが、残念ながら後半は選手の構成がよくなかったと思っています。【URD:OM】


☆【記事詳細内容】 → 宮崎トレーニングキャンプ3日目 フィンケ監督・インタビュー

キャンプ3日目は日章学園との練習試合でした。
とはいえ、フィンケもこの時期は結果云々よりも、選手のフィジカル面の動向を探る方がメインのようですね。
なので、体に少しでも異変があれば無理をさせていませんね。
だから、別メニューとはいえ、メニューをこなしていれば大きな心配はいらないと思います。
むしろ、この時期に無理をさせないことが大事なのかもしれません。
特に年齢の若い選手は無理をして大ケガというパターンはありますから。
ただ、それとは別に、やはりプロとしてやらなければならないことは、チェックもしているようです。
後半0-1だったこと以上に、プロとして「やるべきこと」ができなかった事に不満があるのかと。
そういう部分では妥当な判断だと思います。
そういや、質疑応答の中で、記者が達也の代表入りについて言及してますが…
日本のマスコミはなぜ、チョット結果がいいと、代表、代表と騒ぐのでしょうか?
サッカーに関わる人々としては不思議な人種です。
今、騒がなくても、公式戦が始まれば自ずとわかります。笑
代表で訳の分らん親善試合でケガされても困るので…今は呼ぶ必要はありません。
公式戦でしっかり結果を出して、直前に呼んでもらえればいいと思いますよ。
それくらい実力のある選手ですし、メガネさんが一番呼びたいのは…達也ですからね。笑
「秘密兵器」としてW杯まで隠し通して下さいねw。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ ← このブログを応援して頂き有難うございます。よろしければクリックお願いします!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/684-84f563a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。