浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月20日(水)【トレーニングマッチ 45分×2】

浦和レッズ6-0(1本目3-0)宮崎産業経営大学

得点:16・30分高崎、24分細貝、60・69分達也、85分セルヒオ


☆ トレーニングマッチ vs宮崎産業経営大学 【オフィシャル】

【フィンケ監督・コメント】

今日のような試合は、持久力の向上のためのトレーニングの一環として捉えています。
やはりあのような形で選手が45分間ゲームに出ると、その間同じスピードでずっと走っているわけではなくて、細かい、サッカーではよくありがちなテンポの違いなどがあるわけです。
選手たちにとってみれば、通常の素走りよりは楽しい練習になるのではないでしょうか。
今日の試合で大切だったのは、特に前回の試合(1月17日・日章学園高校戦)で後半にピッチに立っていた選手たちのパフォーマンスです。
もちろん彼らはあの試合のときにとても疲労がたまっていて、とても疲れていたのはよく分かるのですが、それでも前回の彼らのパフォーマンスの内容にはがっかりさせられました。
だからこそ、これらの選手たちが今回の試合でしっかりとした答えを見せてくれることを私は願っていたわけです。
今回は、前回の後半のチームに、柏木を加えました。
その代わりに加藤がフィールド選手から外れたわけです。
加藤は、前回の試合で、通常ならばゴールキーパーに入るところを、フィールドプレーヤーとしても、とても優れたプレーを見せてくれました。
ですから、前回の試合の後半のチームが、がっかりさせられるような内容を実践してしまったのは、少なくとも加藤に責任があったということはないでしょう。
このチームが、今日の試合の前半のチームになったわけですが、彼らはしっかりとした形で、私の要望に応えてくれたと思います。
3ゴールを決めることができましたし、ほぼ決定的な得点チャンスを相手に許さない状況で、前半を終えることができました。
やはりプロのサッカーチームとして、どんなに疲労が溜まっていようと、高校、もしくは大学のチームと対戦したときには、勝利を収めなくてはいけないと私は考えています。
今回のトレーニングキャンプの一環として、今日のトレーニングマッチが組まれていたわけですが、とても有意義なものになったと思います。
そして、とても喜ばしいのは、今日まで大きなケガをした選手がいないことです。
今後もこの状況が続くことを願っています。 

☆ 宮崎トレーニングキャンプ6日目 フィンケ監督・インタビュー 【URD:OM】

質疑応答の中でフィンケは柏木を絶賛していました。
「フィンケの恋人」と言っても過言ではないでしょう。
余程の事が無い限り、柏木の開幕先発は間違いないのではないでしょうか…あくまでフィンケのコメントを見ての私見ですが。
さて、試合内容も6-0と前回と違い圧倒したようですね。
ただ、この時期は「とにかく勝つ」という部分とある一定の負荷や条件を与えた上で、選手がどのようなパフォーマンスを示すかを見ている部分もあると思うので、今の時点で具体的な評論は避けた方が賢明かと。
とにかく、1シーズンをフィンケの理想とするメンバーでどれだけ戦えるかが、今シーズンのカギになると言えそうです。
そこには、期待する選手として、達也・柏木・直輝といった名前が上げられていますが、上げられていない選手も同様の活躍が必要になってくるのは当然です。
むしろ、今日得点した、セル・萌・高崎など20代前半の選手の頑張りがチームを支えていくと思います。
そこに、ベテランがどう味付けをしていくか…
それによってチームの成熟度が見えてくるかと思います。


*記事の詳細につきましては、☆の付いた表題をクリック頂けるとリンク先へ飛びます。そちらでご確認ください。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ ← このブログを応援して頂き有難うございます。よろしければクリックお願いします!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/688-5fdef37a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。