浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、不思議に思うことがある。

Jのクラブは、なぜ「タイトル」を目指さないのだろうか?

サポの前で言うと「公約」と思われて、守れなかった時の反発が怖くて言えないのだろうか?
でもね、公約、公約って言うけど、実際に守れるのかって話になる。
たとえば、5位以内って磐田や栗鼠のフロントは言っているけど、じゃぁ、それができなかったら辞めるの?って事にもなる。
公約って本来そういうものでしょ?
日本の政治家や経営者はあくまで「お題目」になっちゃってるけど。
むしろ、これらのチームのフロントも同様で、「5位なら何とか入れるだろ?」的な考えが少しでもあるんじゃない?

もっと思うのは、5位って何か特典でもあるのだろうか?
たとえば、リーグ3位以内とか天皇杯を獲るのならACL出場権という、大きな特典がある。
リーグ7位ならリーグ賞金獲得という特典がある。
5位って中途半端だね…。
何を指して5位になったんだろう?

さて、話は元に戻るけど…
昨今、「マニュフェスト」という言葉が「独り歩き」している。
何かにつけて「マニュフェスト」という。
このマニフェスト (manifesto)、元は 「宣言・声明書」という意味で、個人または団体が方針や意図を多数者に向かってはっきりと知らせること、またはそのための演説や文書ということなのだ。
要は「約束」ということでは使われない。
民主党が「政権公約」などと訳したために誤解されているが、あくまで「方針や意図の説明」なのである。

であるなら、逆に聞きたいのは、なぜタイトルを目指さないで5位(磐田・栗鼠)だとか10位(山形)なんだろう?
誤解しないで欲しいのは、浦和の柱谷GMはこう言っている。

「目指すものは当然タイトル、ACL出場権奪取は現体制(フィンケ体制)維持の約束最低ライン」

この言葉…3位を逃したからといってフィンケ即退任とも言っていないので注意。
3位以内はフィンケ政権維持の「免罪符」であって、フィンケがそれを望まなければ辞める可能性もあるし、4位以下でもクラブ側が手ごたえを感じれば体制維持はあるだろう。
むしろ、俺がこう説明しているのは、3位になったにも関わらず「なぜタイトルを取れなかったのか?」などというネガティブ・キャンペーンを張るようなマスコミや、それに乗っかってしまうサポの方への警鐘だ。

俺はタイトルとか順位っていうのはあくまで「目標」であっていいと思う。
「公約」などという言葉に縛られてしまうと、人間は守りに入って意識も低くなってしまう。
でも、目標であるならば全チーム「タイトル」を目指して欲しいものだね。

俺は、「公約」以上に、その「目標」に向けた「意図や方針の説明」と「結果(実行)」に対する「検証と修正」の方がよほど大事だと思う。笑


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ ← このブログをご覧頂き有難うございます。よろしければクリックお願いします!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/697-b9d0dc7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。