浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ 指宿トレーニングキャンプ4日目・フィンケ監督インタビュー 【URD:OM】

≪フィンケ語録≫

・ポジション争いをしているすべての選手たちが、試合で自分のことをアピールすることができる、そのような場をそれぞれの選手に与えることができた

・今、すべての選手たちの間の競争意識が、とても活発なものになってきており、一度、いいプレーを見せたからといって、1年分のポジションが保証されているわけでは一切ない

・メンバーにいるすべての選手が、練習中でのパフォーマンスによって、試合に出る権利を得ることができている、このような健全な形でのポジション争いが今、起きている

・左サイドバックにサヌを積極起用しない

・萌を左サイドバックで起用、但し、将来的にはボランチで起用

・チームのファイティングスピリットというのは1人の選手によってではなくて11人の選手によって支えられるものである

・練習であろうと、トレーニングマッチであろうと、私たち指導者陣に向けて練習、それからトレーニングマッチでのパフォーマンスによって語ることが選手の仕事である


≪今日のポイント≫

【何試合か見ていて、今季は特に攻撃の中で、縦に早いダイナミックさが出てきて、それに対してとてもポジティブな印象を持っているのですが、それはチームとして成長しているのか、監督としてはどういう印象を持っていますか?】

・ボールオリエンテッドなプレースタイルを実現していく上での、あくまで一つの要素ですが、このプレースタイルを実践しようとしている

・そのプレースタイルの攻撃の一環として、パスを回してサイドチェンジしてからできる限り早く、相手の陣地のタッチラインのところまで、つまり深いところまで進入して最終ラインの裏に入ることは攻撃の一つの意図ですし、あくまで実践しようとしているプレースタイルの一部と見ている

・ボールオリエンテッドなプレースタイルで大切なのは、攻撃のときも守備のときも、ボールの近くでプラス1の数的優位の状況を作り出すことで、そうすれば、相手がボールを持っているときには素早くプレッシャーをかけることができるし、自分たちがボールを持っているときには意図的に片方のサイドでボールを回すことによって、逆サイドのスペースをあけさせることができ、サイドチェンジのパスが出て、そのスペースにとても運動量が豊富な選手が入ってきて、その選手がゴールを決めたりすることもできる

・一昔前までのスタイルでは、守備のときにはすべての選手の背後にさらにもう1人のフリーの選手がいて、その選手が対人マークをいっさい持たないままカバーに入るという、いわゆる守備での自由な選手として動いていたが、このボールオリエンテッドなプレースタイルで大切なのは、すべての選手がお互いにカバーし合うことで、誰が一番近くにいるのか、そして一番近い選手を自分がカバーするという意識をすべての選手が持たなくてはならない

・このようなプレースタイルを実践するようになって2年目になるが、今年は昨年より、いい形でこのプレースタイルを機能させることができると思っている

*記事の詳細につきましては、☆の付いた表題をクリック頂けるとリンク先へ飛びます。そちらでご確認ください。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ ← このブログをご覧頂き有難うございます。よろしければクリックお願いします!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/729-9e75dc96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。