浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ 【10.03.21】 vs.山形 フィンケ監督・インタビュー 【URD:OM】


3月21日(日) NDソフトスタジアム山形 入場者数:19,021人

モンテディオ山形1-1(前半0-1)浦和レッズ

得点者:30分エジミウソン



≪フィンケ語録≫

山形を「格下」と評価した記者の質問に対して…
正直なところ、私は少し驚いています。
Jリーグの中ではとても実力のあるチームがたくさんあるわけですし、山形のことを過小評価している人が多いとは、私は一切思っていません。


≪今日のポイント≫

後半、ゲームの流れがつかめなくなった原因に対して…
特にその時間帯に関しましては、セットプレーでの集中不足があったと思います。
相手のスローイン、それからFKのときにも、私たちがしっかり切り替えをしなかったことによって、相手の素早いリスタートを許してしまったところがありました。
そして、私たちは相手が特にCKやFKでとても危険なプレーをすることを分かっていましたが、それなのにもかかわらず、何人かの選手がそこでの切り替えというところで遅く対応してしまい、それによって私たちがなかなかゲームの流れをつかむことができなかったところがありました。
しかも、1-1の失点を食らった直前にも、2つのシーンで集中力不足がありました。



う~ん、勝てなかったなぁ。
大手スポーツ紙には散々な書かれようだけど…
正直、今の浦和は以前の浦和のような「堅守速攻」という戦術を敷いてないのだから、1-0で守り切るっていうのは相当厳しいと思う。
もっと言えば、2点取られたら3点取るくらいの攻撃と、そのための前線の守備が生命線なのだと思う。
記事でいえば「守り切れなかった」「逃げ切れなかった」「追いつかれた」というのを見たけど、そういう記事はぶっちゃけ、今年の浦和のサッカーを見ていない人が書いたんだなぁ…って分かっちゃいますよ。笑
あの展開でいえば「追加点を決めきれなかった」というのが引き分けた原因であり、「負け」の雰囲気をより醸し出してしまったのでしょう。
たぶん、1-0では勝つには勝っても、前節の反省が何もなされていない…と言われるでしょうね。
だからこそ、2点目が欲しかった訳です。
そして、2点目を取る前に1点取られちゃったから更に事態は悪化しちゃったわけです。
とにかく、もう一度、ふんどしを締め直して頑張りましょう!

追伸:さて、これでCBにスピラを投入しやすい状況になりましたね。
やはり「本職」のプレーを見てみたいものです。


*記事の詳細につきましては、☆の付いた表題をクリック頂けるとリンク先へ飛びます。そちらでご確認ください。

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ ← このブログをご覧頂き有難うございます。よろしければクリックお願いします!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/768-4aca13ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。