浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
             100403_1617~01


2010年4月3日(土)埼玉スタジアム 入場者数:36,790人

浦和レッズ2-1(前半1-0)湘南ベルマーレ

得点者:45分ポンテ(PK)、56分阿部



☆ 【10.04.03】vs.湘南 フィンケ監督・インタビュー 【URD:OM】


≪フィンケ語録≫

チームには前もって、最初の5試合で10ポイントを取ることが私たちの目標だということを伝えましたが、3試合がアウェイ、2試合がホームという状況にもかかわらず平均で勝ち点2を取ることができている、これは私たちが正しい道に進んでいる一つの証拠だと思います。
大切なのはアウェイでもしっかりとした形で結果を残すこと、そして私たちが優れたゲーム内容を展開していれば、それをしっかりとした形で勝ち点に変えて、私たちはホームに戻ってくることができるということです。



≪今日のポイント≫

最初に、あまり喜ばしくなかったことについてお話したいと思います。
今日のような試合内容を考えれば2-1の結果ではなくて、このスタジアムのサポーターとともに、一緒に4-0、5-0で勝利を収めることができたはずだと私は思っています。
ポジティブなことに関していえば、私たちがゲームの流れを自らつかむことができたということ、そしてゲームを長い時間帯にわたって支配することができた。
そして部分的にとても優れたサッカーを展開することができたということ、そういう意味では今日の試合に関しては、このような喜ばしい要素の方が上回っています。



まずは、結果について…
サイスタでのリーグ100試合目に勝利した事は素直に喜びたい。
さて、2-1というスコアが妥当だったか?と問われれば答えはNOだ。
最低でもあと2点は取れたはずだし、無失点で終われた試合だった。
そんなビッグゲームを結果的に2-1の辛勝にしてしまった要因はある。
とにかく、途中出場した若手2選手のプレーの質はいいものとは言えなかった。
彼らはもっとできるはずだし、これはより質の高いプレーを目指す彼らへの叱咤激励も含めて、あえて言わせてもらう。
ただ、今日は全体的に浦和の生命線でもある「前線からの守備」と「ディフェンスリンからのビルドアップ」ができていた事が安定した試合運びに繋がったと思う。
これによって攻撃への切り替えも早くでき、相手の守備が整う前に攻め入る事が出来た。
また、湘南はカウンター型の攻撃パターンも持っており、これを機能させなった事は非常に大きかったと思う。
しかしながら、せっかく攻めたにもかかわらずフィニッシュが如何せん精度が悪過ぎ。
もっと、自信を持ってシュートを放って欲しいね。
それとも、自信が無いから打てないのかな?
もしそうだったら、試合に出る資格は無いけどね。
とにかく、シュート・シュート・シュート!です。


*記事の詳細につきましては、☆の付いた表題をクリック頂けるとリンク先へ飛びます。そちらでご確認ください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/774-7434af5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。