浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【10.04.13】 フィンケ監督・インタビュー 【URD:OM】


≪フィンケ語録≫

【出ていなかった選手が実力を証明する機会だ」と言われましたが、そこでうまくいかなかった場合でも、その後、その選手に対して、試合出場の機会を与えていくのでしょうか?】

サッカーでは、前もってスケジュールを立てて、すべてをプランニングするということはできません。
明日の試合で1人の選手が悪いプレーをしたとしても、来週の練習でその選手が素晴らしいパフォーマンスを見せて、それによって、また公式戦に出るということもありえます。
1人の選手のコンディションというのは、どうしても変化があります。
その変化をしっかりと見極めるのは、毎日の練習を見ていないとできないことです。
ですので、明日の1試合ですべてを判断するということはないでしょうし、前もってプランニングをして、いつ頃この選手を再び使うと予定を立ててしまうのは、ありえないことです。
そして大切なのは、選手たちがしっかりと監督を信頼することです。
それは、この監督はたった一度のシーン、もしくはたった一度の試合で自分に対しての評価を決定的なものにしてしまうことはない、ということです。
明日、万が一、1人の選手が悪いプレーを見せたとしても、この選手がしっかりと練習をこなしていれば、必ずまた機会は与えられるわけですから。
そしてもし、1人の選手がピッチに、『今日悪いプレーをすれば、もう2、3ヵ月間ピッチに立てない』という恐怖心を持って送り出されることは、私の場合は、絶対ありえません。



≪今日のポイント≫

【浦和レッズのサッカーの質という部分で、開幕からこの1ヵ月で向上した部分はどこでしょうか?】

このボール・オリエンテッドなプレースタイルでとても大切なのは、すべてのポジションの選手が、ボールがどこにあるかによって、しっかりとポジションを直していくこと、調整をしていくことです。
自分たちがボールを持っているとき、そして相手がボールを持っているときの、それぞれのポジションの選手の戦術的な動きというのが改善されてきています。
ですので、一昔前のように少し集中力が欠けてしまうと、また一昔前のプレーを見せてしまったりとか、またミスを繰り返すようなことは、そう起きなくなってきますので、こういう戦術的な動きというのは改善されていると言えます。



さて、明日はナビ・牛戦ですね。
正直、「手負いの牛」といった感じです。
なので、フィンケの言うように我武者羅に来られた時に、受け身にならないように気を付けて欲しいです。
とにかく、前を向いてボールを動かす…闘う姿勢を見せて欲しいです。
格下相手のとりこぼしは要注意です。
選手たちも、前回のナビ・田舎戦の事は覚えているはずです。
今日は水曜日の長距離遠征という事でサポの数も極端に少なそうですが、選手や現地入りするサポの皆さんには是非頑張って欲しいと思います。


*記事の詳細につきましては、☆の付いた表題をクリック頂けるとリンク先へ飛びます。そちらでご確認ください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/806-efda8562
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。