浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これは選手のみならずサポータークラブ全体にとっても言える事だと思う。

【フィンケ・重要発言】

そして一つだけ、ぜひはっきりとお話ししたいことがあります。
なぜならこれはとても大切なことだからです。
昨年のシーズンというのは順位表もうれしくないものでしたし、ピッチの上での選手たちのプレー、そして内容というものが全くよくないものでした。
あのようなことを続けていくと、将来的に見ても、長期的に見ても、とてもいい感触を得ることができないということを選手たちも感じていたでしょう。
そして何人かの記者が、こう書いていました。
『エジミウソンと高原というのは一切合わないであろう』と。『彼らのプレースタイルを考えると、この2人が同時にピッチに立つと、ちゃんとした結果を残すことができない』のだと。
このようなことは、どうしても選手たちの頭の中にも残るわけです。
そして実際に今シーズンが始まったときに、私はクラブと話し合って、今このクラブに所属している選手たちと、今シーズン仕事をしようということを決めました。
私は今、このクラブに所属している選手と仕事をして、彼らを見極めて、そしてしっかりと仕事をしていこうということをはっきりと話し合っています。
そして高原もここ数週間、彼のプレーがだんだん改善されてきていますし、もしかしたら昨年から持っていたさまざまなもやもやとか問題とかを今置くことができて、本 当の意味で頭の中でも、新しいシーズンに入ることができたいい例ではないでしょうか。
そしてやはり忘れてはならないことがあると思います。
ロブソン・ポンテ、そして梅崎 司、田中達也と3人の攻撃の選手が長期にわたって離脱していたわけですし、そのようなことを考えると、高原、そしてエジミウソンという攻撃の選手がしっかりとゴールを決めることができたというのは、とても大きな喜びだと思います。

確かに、この手のマスコミ報道は嫌というほど味わった。
日本の低能マスコミのお陰で「虚構の世界」を作り上げられ迷惑すらしている。
そして、今朝の新聞には高原のブンデス移籍の話が再び掲載されていた。
しかし、クラブへの正式なオファーは無いため現状では「ネタ」の範疇だ。
裏を取っての「記事」であれば「特ダネ・スクープ」となるが…
なので、この件については特にコメントしないが、高原自身が今何を求め、何を目指しているのか?
俺は彼にとって必要なのは、リーグでチャンピオンになり、それに貢献すること。
すなわち、浦和で背番号以上のゴール数を決める事だと思う。



↓読んだらクリックお願いします!

にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/83-efd7b1e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。