浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ 【10.04.24】 vs.磐田 フィンケ監督・インタビュー 【URD:OM】


100424_1332~01

2010年4月24日(土) 埼玉スタジアム 入場者数:37,116人

浦和レッズ0-1(前半0-0)ジュビロ磐田


≪フィンケ語録≫

大切なのは、私たちがチームとして、しっかりとした形でチャンスを作りだして、それをゴールに結び付けることです。
今日、それができなかったのが、非常に残念です。
ただし、今日の試合はとても短くまとめることができると思います。
一つの事実として私たちの選手は多くの得点チャンスを作りだしていました。
しかし、先週、選手たちが見せたような優れたコンディションを今日、証明することができなかった。
このような選手のコンディションが変わることも、サッカーの一部です。


≪今日のポイント≫

相手が今後もこのような形で守備的なサッカーを展開してきたときに、私たちのプレースタイルで、どのような形で先取点を狙っていくか、そのことに関して、今後もトレーニングをしていなかくてはいけませんし、特に相手の陣地で生まれる危険なスペースの生かし方というものを、私たちはさらに改善していかなくてはいけません。
今回の試合でも5回、6回、7回といくつか優れたシーンがありました。
ただし、私たちはこの結果をしっかり受け止めなくてはいけませんし、しっかりと顔を上げて次の試合に向けて準備をしていかなくてはなりません。


【前半の試合の流れというのはイニシアチブはレッズが握っていたけれど、ジュビロのとてもいいチャンスというか、カウンターから4本くらい、レッズの守備が崩されていたシーンがありました。サヌがボールウォッチャーになって彼の背後ばかりつかれたというシーンが3回くらいある。そのことについてコメントを?】

まず私たちのセンターバックはとても優れたプレーをして非常に安定していたと思います。
そして左のサイドバックという不慣れなポジションを現在こなしているサヌも、確かに2つのシーンでポジショニングのミスから危険な状況を招いてしまった、これは確かだと思います。
ただし、今日私たちが敗戦した最大の理由が、守備にあったわけではありません、これは確かなことです。
中盤でのボールの奪い方、それから相手にどのような形で圧力をかけていくか、そういうことに関して、先週の方が私たちのすべての選手が優れたプレーを見せていたと思います。
今日の結果の理由を守備だけ、もしくは一部の選手だけに求めるわけでは一切ありません。
先週と比べて多くの選手たちが、先週見せていたコンディションを今日は見せることができなかったのです。



【少し遠目からのシュートというのが今日は少なかったように思いますが?】

今日の試合では、先週の試合と比べて、私たちが活用できるスペースが少なかったと思います。
先週の川崎ならば、彼らは非常に攻撃的なチームでしたので、その分、私たちが使うことのできるスペースもありました。
しかし、今日はとても守備的なチームと戦ったわけですし、特に相手のチームが、相手のゴールまで16~20メートルのところのスペースをしっかりと消すことができていました。
ですので、私たちはできる限りサイドをえぐるように攻撃をしていたわけですが、なかなかそれをゴールに結び付けることができていませんでした。



【後半16分から高原選手を入れましたが、どのような役割を期待して投入したのでしょうか?】

達也ができる限りエジミウソンの近くで、前線でプレーをするように確認をしました。
後半はそのような形で始めたわけですが、徐々に達也が疲れてきたこともありまして、途中から高原をピッチに送り出したのは正しい判断だったと思っています。
彼は得点能力のある選手ですし、特に相手を背負ったときにとても優れたプレーを見せることができるのです。
私たちはあの時間帯から、エジミウソン・高原のツートップでこの試合に臨んでいました。



前節の川崎戦を受けてのこの試合…
「良すぎた後の試合は…」という心配が、結果的には見事に的中してしまった。
しかし、やっていたサッカーがすべて悪かったか?と言われればそうでもない。
以前なら、ドン引きされたチームに対して横パスしか出せなかったチームが、何度かチャンスを作ったのは確かだ。
チームの戦術としての進化は間違いなく見られている。
ただ、もう一味・ふた味が出せていなかった。
実際に、ズビの柳下監督も「もっとパスを回して前線で勝負したかったが、浦和の攻撃に押し込まれた結果となった。その中でほとんどが守備に回る事になったが、前線に残っていた西と前田で勝負を仕掛けた」と述べている。
結局は、試合に勝って勝負に負けた…という形なのだろうか?
それにしても、ここ最近は「お得意様」だったズビに負けたのは…
まぁ、これも浦和だと言われればそれまでだが、選手は下を向いてないし、この後に控える戦いに気持ちが行っているので頑張って欲しいと思う。

追伸:今は順位よりも勝ち点を重ねる事、他チームがどうであろうと、うちが勝たなきゃしょうがない訳です。


*記事の詳細につきましては、☆の付いた表題をクリック頂けるとリンク先へ飛びます。そちらでご確認ください。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/843-6afc6854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。