浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100505_1205~02  100505_1602~01

☆ 【10.05.05】 vs.名古屋 フィンケ監督・インタビュー 【URD:OM】

2010年5月5日(水・祝) 埼玉スタジアム 入場者数:55,410人

浦和レッズ2-1(前半0-1)名古屋グランパス

得点者:48分柏木、55分原口



≪フィンケ語録≫

今日は、内容だけではなくて、結果もしっかり伴いましたので、本当に大きな喜びを全員が感じとることができたと思います。
そしてこれが、私たちの今年の目標なのです。
質の高いゲームを展開すること、私たちのプレースタイルをしっかりと実践すること、そして優れた結果を残すことです。



≪今日のポイント≫

【このような気候条件で、今日の試合、後半特にグランパスの走力が落ちたにもかかわらず、レッズは最後の最後までディフェンスがしっかりできていたと思います。これは去年1年間を経験して、夏に連敗があって、そういうことが、今シーズンに向けた大きなアイデアとして、ポイントになるようなことがありますか?】

自分の基本的な考えですが、運動量とか『走るための覚悟』とか、そういう強い言葉を使うのを、私は好みません。
私はそれより、『プレーする喜び』という言葉を使いたいです。
これは私の哲学の一つとしていろんな方に説明しているわけですが、大切なのは、自分たちがボールを持っているときにしっかりとポゼッションしながら走るということです。
もちろん、状況によっては、相手に積極的にプレッシャーをかけていって、とても素早く攻守を切り替え、前線に早くボールを送り込むということも必要です。
ただし、状況によっては、私たちがボールを回す、ポゼッションをしていくことによって相手を走らせるということも、とても大切な要素です。
これをいつ、どこでやるのか、タイミングも関係してくることですが、根本的に選手たちは、攻撃のときには、喜んで走ります。
しかし、守備のときに走るのはとてもつらい行為になります。
私は、このようなことについて、いろいろなところで説明しているのですが、まず、そのことをしっかり選手たちが納得してくれなくてはなりません。
そして、それが徐々にピッチで表現できるようになって、選手たちも質の高いプレーを披露することができるようになっているのではないでしょうか。
一人の選手がとても疲れたときに攻撃に絡んでボールを扱うこと、これは確かにとても疲れる動きです。
ただし、守備に回されて相手のことを追わなくてはならない、もしくは相手のことを追いかけなくてはいけないという状況になった場合、その選手にとっての厳しさはさらに増してしまいます。
ですので、少なくともボールを持っているときの『プレーする喜び』を選手たちが感じる、これがとても大切なことだと思います。
そうすれば最後の最後まで疲れをそこまで感じないまま、走りきることができるのです。
後半の最後の20分間、私は阿部に対して、できる限り攻撃に絡むな、しっかりと守備をして自陣で守備を固めろ、という指示を何度も出していたのです。
すべての攻撃で阿部が相手のペナルティーエリアまでいく必要はないと。
しかし、阿部もそうですし、細貝もそうですが、多くの選手たちは『プレーする喜び』をすごく感じることができるようになってきています。
これはうれしいことです。
しかし、私たちが2-1でリードしている状況で、無駄に攻撃をしにいって、それによって相手に優れた機会を与えてしまうようなことがあってはなりません。
ですので、私はそのような指示を阿部に対して出していたのです。



とにかく勝てて良かったです。
それにしても、立ち上がりは相変わらずのgdgdでしたね。
何とかならないのでしょうか?
スロースターターはいつか致命的な欠点になる気がします。
今の浦和は大量点を期待できる程の攻撃力はまだ付いていません。
点の取り合いになると、出遅れた方が追い付けなくなるのは、どんなスポーツでも同じです。
野球のように満塁ホームランで一気に4点入るような制度はサッカーには無いですからね。
それにしても、後半の出来が良かったですね。
ピクシーの采配にも助けられた気がしますが…。
ピンポイントのクロスを上げられるアレを下げてくれたことで、ケネディが孤立しましたから。
高さを狙っていた鯱にしては、不可解な交代でした。
確かに、鯱の全体的な運動量が落ちていたし、交代は理解できるけどアレを下げてくれた事は大助かりでした。
浦和にとっては点を入れて欲しい二人(元気と陽介)が入れてくれたのは、大きな材料だと思います。
これでチームに弾みがついてくれれば最高です!
さて、次の鞠戦。
とにかく、GWを勝って終わりたいです。


*記事の詳細につきましては、☆の付いた表題をクリック頂けるとリンク先へ飛びます。そちらでご確認ください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/849-309e2755
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。