浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ 【10.07.24】vs.広島 フィンケ監督インタビュー 【URD:OM】

100724_1901~01  100724_1902~01


2010年7月24日(土)埼玉スタジアム 入場者数:37,470人

浦和レッズ0-1(前半0-0)サンフレッチェ広島



≪フィンケ語録≫

今日の試合でも私たちはたくさんのことを投資して、実際に得点チャンスを作り出していました。
しかし、相手のゴール近くのところでの、とても集中したプレーによって生み出すことのできる危険な状況というものが、どうしても今日は足りませんでした。


≪今日のポイント≫

前半に関してはサンフレッチェは実際に5-4-1のようなシステムで、サンフレッチェの自陣に入ってから、初めてサンフレッチェの選手たちはうちの選手をマークし始めていました。
私たちの選手はセンターラインを超えることは比較的簡単にできたましたが 、そこからとても難しい状況が生まれていたのです。
なぜならば彼らが自陣で強く固めて守っていたからです。
しかし、それにもかかわらず、私たちはたくさんの決定機を作り出していたので、本当ならば、そこで得点という結果を見せなくてはなりませんでした。


お疲れさまでした!
ホント、疲れの残る試合というのはこういう事を言うのでしょうか。
前節の脚戦はどうにも納得のいかない敗戦だとすれば、今日の負けは完全に自滅型と言っていいと思います。
走れども走れども、パス繋がらず…
このクソ暑い時期に、こんなサッカーだと気持ちも萎えますね…やってる方も見てる方も。
とはいえ、何が悪いのか?と問われれば、そのやってる本人たちが気持ち負けしてしまっている感じがします。
これでは勝とうにも勝てません。
浦和も広島も走る(人もボールも動く)サッカーを標榜してますが、両チームともに走れていないんです。
なのに、1-0という差が付いたのはなぜでしょうか?
結局、浦和の場合は、横の動きはあっても縦への揺さぶりが無いんですよね。
広島は徹底して、寿人と森崎を前線に走らせて、ボールをキープさせて、後ろから押し上げる形でチャンスを作っていました。
完全に省エネサッカーです。
でも、浦和DFが縦の突破に弱く、横の揺さぶりでマークが甘くなるのを見切っていましたね。
ここぞ!という本当に少ないチャンスのうちの1回をモノにしました。
ダメなときは何をやってもダメ…とは言いますが、諦めたら全てが終わりです。
まぁ、監督に文句があるなら、結果を出して見返してやるくらいの気持ちの強さが欲しいです。
こんなにチームとして爆発力というか瞬発力が無いと、この先も思いやられます。
是非、次節・京都戦で流れを変える何かを掴んで下さい!



*記事の詳細につきましては、☆の付いた表題をクリック頂けるとリンク先へ飛びます。そちらでご確認ください。


→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/920-e5a2edfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。