浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ 【10.08.20】フィンケ監督・インタビュー 【URD:OM】


≪フィンケ語録≫

【阿部選手は大丈夫ですか?原因は疲労だったということですか?】

前回の試合でも、もう少し早い時間帯で彼を交代させるべきだったと思っています。
ワールドカップ後の休みの期間が、どうも彼にとって短すぎたようです。
ただし、彼に対してブレーキをかけることもできませんでした。
それは、やはり指摘しなくてはいけない要素だと思います。
私は、本人に対して、もっと長い間しっかりと休めということを何度も伝えていましたし、ワールドカップの直後から十分な休養期間を与えるつもりでしたが、彼はすぐにでも、休みなしで練習を始めたいという姿勢を持っていました。
このような姿勢を誰から学んだのか分かりませんが、それでも彼はとにかく休みは必要ない、すぐに練習をしたいということを言っていたのです。
対照的に、長谷部に代表されるように、ドイツのブンデスリーガでプレーしている選手たちには、クラブから、大会後3週間はボールに触れてはいけないという指示が出されたのです。
どんな選手であろうと、年間を通して、少なくとも3週間の休みを一度は必要としています。
大会もありましたし、その前にも長い期間にわたって合宿を行なっていたのですから。
『できる限り早く、チームを助けたい』というのは、確かにある意味ポジティブな姿勢でもあります。
ですので、休みを取らないですぐ練習に参加したいという姿勢を持つことは、確かに一つのいい面かもしれません。
ただし、現実としては大会後の休みをまったく取れないまま、チームの練習に入ってしまったので、現時点でも、完全に疲労が取れているわけではないと思います。


≪今日のポイント≫

【前節の仙台戦の前に、監督がメンタル面で今、問題を抱えていると。名古屋戦よりも仙台戦のほうが、メンタル面でプレーにかかわるストレスがなかったように思うのですが?】

仕事の一環として、選手たちの会話があります。
また、この件に関しては大きなメンタリティの違いもあります。
私が日本に来て経験したのは、一度でも負けてしまうと、多くの選手がよかったことをすべて忘れてしまい、一つの穴に落ちてしまうことです。
ですので、いつも私は何度も繰り返しているのです。
『メンタル的な強さを身につけなくてはいけない』と。
こういうときに何人かの選手たちがロッカーの中で、『そんなに心配するな。自分たちは正しい道を進んでいる。自分達が作り出したたくさんの得点チャンスの中で、2つ、もしくは3つの得点チャンスをゴールに結びつけていれば、何も問題視することはない』と発言出来なくてはいけません。
サッカーでは、自分たちに自信を持たなくてはなりません。
自信を持たなかったら、プレーできないのです。
このような強さを身につけるには、まだまだ努力を続けていかなくてはなりません。
このチームに所属している多くの選手たちは才能は持っています。
ただし、このような本当の意味での強い自信を身につければさらに優れたプレーをすることができます。
これはとても根が深い要素ですので、これに取り組んでいくのは非常に厳しい仕事でもあります。
でも私はできる限りのことをしています。
本当の意味でのメンタル的な強さを身につけるために。

長年にわたって日本でプロのサッカー選手として活躍し、代表歴のある元選手が私に対して、あることを教えてくれました。
それは『日本では1人の選手がPKを外してしまうと、その選手は数週間にわたってPKをなかなか蹴りたがらない、場合によっては1シーズンにわたってまったくPKを蹴らない事がある』ということでした。
その考えは、ヨーロッパでは、全く逆なのです。
外した選手こそが『次こそは必ず決めてやる』と言って、何があってもPKを蹴りたがるのです。
メンタリティの違いがはっきりと見えてくる一つのいい例だと思います。
ピッチの上で、本当の意味での自分たちの能力を信じ切る強さを身につけなくてはならないということです。
申し訳ないことですが、こういうことは今日、明日で身につけられるものではありません。
時間がかかることなのです。


湘南戦。
とにかく、選手はやるしかないんです!
ただ、勝利のために…結束です。

まずは、アベユキの休息について。
俺はこの問題の根本は、協会のスケジューリングとクラブの選手の扱い方にあると思ってますよw。
こんなクソみたいな日程は改めるべきです。

それと、チームのメンタル面…
具体的根拠のない自信は、日本では自信ではなく「空元気」って言います。
そして、それは大体いいイメージでは使われません。
でも、あまりに落ち込むのもマイナスです。
その辺のバランスを取る選手が、今の浦和にはいないんでしょうねw。
問題の根本が分かったような気がします。
やはり、思ったとおりでした。
要は、代表組だ何だと言っても機能していないんですねw。
ホント、精神的支柱がいないんだなぁとw。
先日の話ではフィンケは陽介に期待しているようだったので、頑張って欲しいです!
最も、陽介もまだ若いし、グイグイ引っ張るタイプじゃないようだけど、アベユキが千葉で開化したように、陽介にも期待してます!



*記事の詳細につきましては、☆の付いた表題をクリック頂けるとリンク先へ飛びます。そちらでご確認ください。


→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/953-7b7c5cb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。