浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ 【10.08.21】vs.湘南 フィンケ監督インタビュー【URD:OM】

≪フィンケ語録≫

優れたプレーをしながらゴールをなかなか決めることができない状態が続くと、外部の人たちが選手たちに対して、こう言い始めます、『結果がすぐ出ないのであれば、悪いサッカーをした方がいい。悪い内容で勝った方がまだいいだろう』と。
しかしこれは全く良くない指摘です。
短期的な期間であれば、悪い試合内容で勝利を収めることもできます。
チャンスがあってもなかなかゴールが決められない 、というこのような時期というのは非常に難しい時期なのです。
ただし、1点目さえ取れれば、選手たちも解放されて、自分たちの能力をしっかりと発揮することができるようになります。
そして結果もついてきます

≪今日のポイント≫

1、【前半確かに支配はしていたし、チャンスも作った、ただ、全員の動きが非常に悪くて今までどおり非常に悪い流れだった、それが後半に入って、立て続け にチャンスを作った、最後にスピラノビッチが先制ゴールを決めたんですけど、流れががらっと変わったとハーフタイムになんか言ったと思うんですが?】

監督というのは、状況によって、とても大切な存在であるときもあれば、そこまで大切な存在でないときもあります。
チームの改革を進めていくこと、チームを作り上げることに関しては監督はとても大切な存在になります。
選手を入れ代えたりプレースタイルを変えていくというような仕事を進めていく際には、監督がとても重要な役割を担うことになるのです。
ただし、ある程度しっかりとチームの改革が進んで、新しいプレースタイルが導入され、選手たちがその新しいやり方で、とてもたくさんのチャンスを作り出すことができるようになって、定期的にチャンスの数で相手を上回ることができるようになったが、決定機をなかなかゴー ルに結びつけることができない、というような時期に関しては、正直なところ、選手たちの自信、自分たちを信じ切ることができる自信、それから自分たちのプレースタイル、自分たちの力に対しての誇りが大切になってきます。
チャンスを作り出してもなかなかゴールを決めることができないという状態が続く中で、選手たちは決して自分たちの能力に対して自信を失ってはなりません。
選手たちはどのような状態でも、例えば試合に負けた後でも、誇りと自信を持ってピッチから下り、自分たちが今日は優れたプレーをしたんだ、だからこそ次こそは必ず結果を残すんだという強い信念を持たなくてはならないのです。
これがもっとも難しい時期です。

2、今日は、先取点を自分たちで奪うことができて、その後、チームが解放された形でプレーに専念することができました。
このような形で勝利を収めることができて本当にうれしく思っています。
今日のように先取点を奪えば、選手たちが解放されて自分たちの能力を発揮できます。
どのような状況であろうと大切なのはすべての選手たちが強いメンタリティを保ち続けることです。
そしてロッカーの中でも2~3人の選手たちが他の選手たちに、ゴールのチャンスさえ決めていけばいいんだ、得点チャンスを決めていけば他のことについて大きく語る必要はないと話していました。
このように、建設的な形で声を掛け合っていかなくてはいけないのです。
そして今自分たちの進んでいる道が正しいこと、自分たちの能力、自分たちのプレースタイルからすれば、必ずたくさんのチャンスを作り出すことができること。
このことに関して、今より強い自信を持っていかなくてはなりません。
また、最終的にはチャンスをゴールに結びつけていかなくてはいけないのです。


さて、今日の試合。
まずは勝った事を素直に喜びましょう!
スピラの初ゴール、エジの100ゴール、セルのミドル…
この4得点を次にどう生かすか?
ここが最大のポイントだと思います。
なので、この試合の本当の評価っていうのは、次節の鹿戦を見ないと何とも言えないかな、というのが本音です。
浦和は爆勝の後の完敗とかよくありますから…
なので、こういう悪癖が抜けない限りは立ち直ったとは言い難いです。
事実、4点取って気が抜けたのか、ロスタイムに1失点しています。
こういう試合で、しっかり守り切る事が「本当の自信」に繋がるのです。
「勝ったからいいや」だけじゃなく、反省すべきは反省して次につなげて下さい。
選手もサポもいろいろあります。
こういう雰囲気の中では仕方のない事です。
賛成派・反対派…
いろんな意見が出るのも、それだけ浦和が愛されているという証拠です。
ただ、勝つ事で結束してしっかり前を向いて闘える…という意味では勝つ事は大事です。
とにかく、今は結束して戦う事、敵は内部ではなく対戦相手である。
その事をもう一度確認して闘って行こうと思う。


追伸:アベユキの件は、別編に書きます。


*記事の詳細につきましては、☆の付いた表題をクリック頂けるとリンク先へ飛びます。そちらでご確認ください。


→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/955-0b417b8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。