浦和に関するネタを中心に、サッカーネタやコラムを書き綴ってます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ 【10.09.25】vs.新潟 フィンケ監督インタビュー 【URD:OM】

2010年9月25日(土)埼玉スタジアム・入場者数:31,973人

浦和レッズ2-0(前半1-0)アルビレックス新潟

得点者:45+1分柏木、81分セルヒオ



≪フィンケ語録≫

このチームがステップバイステップで確実に成長しているのは間違いありません。
今、ここに所属している選手たちが軸となって、将来的にとても強い、優れたチームができあがるということを、止めることはできないと思います。


≪今日のポイント≫

総合的に見て、私たちの選手たちが優れたプレーを見せていたと思いますし、試合全体を見渡せば、しっかりと私たちの守備も安定していたと思います。
守備、中盤、攻撃と、それぞれのポジションの選手が役割を果たしただけではなく、ピッチに立っている選手たちが、お互いに助け合って優れたプレー披露していました。
特に、ボール際で数的優位を作るということを、実践できていましたし、そういう意味では、私たちが勝利を収めたのは、妥当であったと思います。


久々のサイスタでの凱歌は気持ちよかった!
何せ、4ヵ月半ぶり。
長かったというか、やっとここまで来たかというか…。笑
とにかく、これで選手も呪縛から解き放たれて伸び伸びやれるかな?
でも、そういう時の浦和には落とし穴があるので、気を引き締めて頑張って欲しいと思います。

さて、試合の方ですが…
相変わらずのレフェリングに、この国のサッカーを憂いてしまいました。
選手のレベルアップも然ることながら、試合を運営すべく審判にミスジャッジが多いと、選手との信頼感が保たれないと思います。
そうなると、試合自体が全く無味乾燥なものになってしまうし、そういう部分でもサポはフラストレーションを抱える事になります。
日本では南米ほどの騒ぎにはなりませんが、やはりレフェリングの向上プログラムをもっと具体的に組むべきだと思います。

あともう一つ。
観客数が減少している件については、いろいろと意見があると思いますが、俺的には大きな心配はしてません。
だって、強くなればある程度は戻ってくると思いますから。
チームは「若返り」という命題を抱えて、さらに「浦和のサッカーを構築する」という大仕事をしている最中な訳ですし。
まぁ、結果が出ないチームにいら立つのも分かるけど、チームの成長過程を見るのも、それはそれで楽しいもんですよ。
むしろ、今まで以上に「勝つ事」に執念を燃やせるのは今しかないのかなと。
楽しみ方は人それぞれなので批判はしませんが、「客が来ないのは結果の出ないチーム、そしてそれを放置しているクラブのせいだ!」と言ってしまうのは簡単な訳で…
サポである以上、どんな姿も見続けるのがサポである所以であり、また、いろんな姿を知ることで愛着も湧くんです。
そういう事を体験できるのも、勝つチームを見るのと同様にサポーター冥利に尽きるのかなと。
とりあえず、ポジティブに行きましょう!




*記事の詳細につきましては、☆の付いた表題をクリック頂けるとリンク先へ飛びます。そちらでご確認ください。


→→→→→→ あなたの一票で決まる、ブログランキング! →→→→→→    


にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urawaism.blog68.fc2.com/tb.php/996-e2958cfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。